みおふぉん暦4年の私が格安SIM IIJmioの魅力を紹介します。 申込み・乗換え方法・メリット・デメリット・キャンペーンなどなど 気になる情報はメニューからチェック!

みおふぉん格安ライフ

IIJmio(みおふぉん)に乗り換えて毎月5,000円得した話

iijmio(みおふぉん)

皆さんは「格安SIM」をご存知でしょうか?

家電量販店やテレビのCMなど、様々な場所でその名前を聞くかと思います。

 

SIMというのは、携帯電話に挿す小さなカードのことです。

au、SoftBank、ドコモといったキャリア携帯を利用している方は、携帯購入時に既にSIMがセットされた状態で渡されるため、見たことないという方もいるかもしれません。

SIMは携帯電話に挿す小さなカード

 

 

 

 

 

これが入っているから、持っているスマホでSNSや動画を見たり、電話をかけたり出来ます。

格安SIMとは、データ通信や電話といった月々にかかる通信料が、キャリア携帯よりかなりお安く利用できるSIMなんです。

なぜ安くなるのかというと、格安SIMはauやドコモ、SoftBankといった、大手キャリアの通信設備を借り、各社で独自のサービスを付与して利用者に提供しています。

そのため、通信設備の拡大や維持にお金がかからないため大手キャリアと比べると通信料金を安く抑える事が出来るんです。

 

私は格安SIMに乗り換える前はauのスマホユーザーでした。

その時に支払っていた料金を確認してみると、7,491円が引き落とされていました。

それがIIJmioに乗り換えてからは、月々2,400円程度で済むようになったのです。

乗り換えてから4年が経った今は、Wi-Fiを活用する等してデータ通信量を節約するようにしたので、月々1,600円のプランに変更しています。

何年かに一度、機種変更をしたとしても通信費をかなり安く抑える事が出来ました。

 

このサイトでは、格安SIMの1つであるIIJmio(みおふぉん)について、基本的な知識やIIJmioに乗り換える事で起こるメリットやデメリットについて詳しく説明していきます。格安SIMに興味がある方やIIJmioへの乗換えを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

【最新のキャンペーン情報】

格安SIMってどうなの?

「格安SIMって本当にお得なの?」とお考えの方もいると思います。

私も最初に格安SIMと聞いた時は散々疑いました。

安いってだけで何か裏があるんじゃないか・・・と。

そこで色々調べて、納得した上でauからIIJmioに乗り換えました。

その結果、月々5,000円以上の通信費を節約できるようになったという訳です。

 

格安SIMといっても、IIJmio以外にも様々な事業者がサービスを提供しており、「いっぱいあるから何を選んだらいいのかわからない!」という方もいるのではないでしょうか。

私の意見としては、「2年縛り」がなく、「今より料金が安くなる」のであればどこを選んでもいいと思っています。

というのも、使ってみて微妙だと思ったら乗り換えれば済む話だと思っているからです。格安SIMからの乗換えでもMNP(電話番号引継ぎ)は可能ですし、2年縛りがなければいつやめても解約金は取られないわけです。

じゃあなぜ私が4年間IIJmioだけを使っているのかというと、キャリアからの乗換え後、特に不自由することなく満足に使えているからなんです。

IIJmioは古くからインターネットサービスに携わってきた大手の企業である、というのも安心して利用できている理由の1つですね。

 

IIJmioは怪しくない?どんな会社?

IIJmioは、「株式会社インターネットイニシアティブ」が提供する個人向けインターネットサービスです。Internet Initiative Japanのそれぞれの頭文字を取ってIIJというわけです。

読み方は「アイアイジェイ・ミオ」となります。

IIJは1992年に設立され、日本で初めてインターネットの商用化を行った会社です。

今では当たり前のように使われているスマホやタブレット、パソコンのインターネットですが、その接続サービスを日本の企業で初めて開始したのがIIJになります。

IIJの歴史

スマートフォンやパソコンのインターネット接続の他にも、カラオケやスーパーマーケット、アパレル店舗に介護施設といった街中の施設でも、IIJの通信技術は使われています。

例えばカラオケならデンモクで「盛り上がる曲」「この地域で歌われている曲」といったランキング情報を見る事が出来ますが、来店した方が歌った曲やその日時、場所といった膨大なデータを集計・分析するための基盤はIIJが通信カラオケ事業者に提供しています。

こうした様々なシーンで利用されているIIJの通信技術、IIJは良く知らないけど実は知らず知らずの内に利用している方はかなり多いのではないでしょうか。

そんなIIJでの格安SIMは、2012年からサービス開始されており、契約数は2017年9月末日時点で200万回線を超える、格安SIMの中でも大手の企業となっています。

日本のインターネットを支えてきた会社が提供する格安SIMなら、安心して利用できるのではないでしょうか?

 

IIJmioで販売されているSIMカードは?

IIJmioで販売されているSIMは、基本的に以下の3つに分類されます。

・データ通信専用SIMカード

・SMS機能付きSIMカード

・音声通話機能付きSIMカード

ちなみに、このサイト名にも付いている「みおふぉん」とは、IIJmioの音声通話機能付きのSIMのことを指しています。

データ通信専用、SMS機能付きSIMカードは電話番号は発行されますが、割り当てられた電話番号を利用して音声通話を行うことはできません。

その代わりに、料金は音声通話機能付きよりもかなり安く利用できます。

用途は主にタブレットや、ガラケーとの2台持ち用など、複数台の端末を持つ方向けとなります。

新たに格安SIMを契約する方は1台持ちの方がほとんどであり、音声通話機能付きのSIMであるみおふぉんを使用することになると思いますので、みおふぉんの料金プランを見ていきましょう。

 

IIJmioの料金プランは?

以下はみおふぉんの料金プランとなります。

毎月使えるデータ通信量の上限は3GB、6GB、12GBの3つから選ぶ事ができます。

ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
容量 3GB 6GB 12GB
初期費用 3,000円
月額料金 1,600円 2,200円 3,260円

 

家族でシェアして使う事も可能

家族全員格安SIMでお得に

 

 

 

 

ファミリーシェアプランはその名の通り、家族で12GBのデータ容量をシェアして使うプランとなります。最大10枚(みおふぉんなら5枚)までのSIMを登録することができ、1人当たりの料金が安く利用できるほか、シェアしているグループ内なら通話料金も安くなるというメリットがあります。

家族4人でみおふぉんを利用した場合、月額料金は以下となります。

ファミリーシェアプラン月額料金:2,560円

音声通話機能付帯料:700円x4台

追加SIM費用:400円x1台(4枚目から発生)

合計:5,760円

上記の場合、1人当たり1,440円で利用できることになります。

まだ小さいお子様など、LINEで連絡できれば良いから電話は不要!という方はSMS機能付きSIMカードを使えば、音声通話機能付帯料はかからないのでさらにお安くする事が出来ます。

ただし、データ容量は4人で12GBを使う事になるので、Wi-Fiを活用して自宅でのデータ通信量をなるべく使わないようにするか、20GB(月3,100円)、30GB(月5,000円)の大容量オプションを別途追加すると良いでしょう。

 

通信量の目安

「どのプランを選べばいいのかわからない!」という方もいると思いますので、大体の目安を貼っておきます。プランについては契約後も変更可能ですので、あまり悩まず、まずは安い3GBのプランから始めても良いかもしれません。

データ通信の大体の利用量

 

 

 

 

 

 

IIJmioの通話料は?

音声通話機能の通話料ですが、国内通話で20円/30秒となっています。

一見高いように見えますが、「みおふぉんダイアル」というIIJmioの専用アプリから電話をかけることで、半額の10円/30秒となります。

また、頻繁に電話される方向けに、以下の定額オプションというのもあります。

IIJmioの電話かけ放題プラン

 

 

 

 

 

 

最近はLINEで電話を済ませちゃう方も多いと思いますので、オプションに入らないのもアリです。私も友達との長電話はLINEで済ませます(笑)

 

IIJmioはどんな端末でも使える?

auやSoftBank、ドコモで使用していたスマホはIIJmioに乗り換えるとどうなるのか気になりますよね?

答えは、au、ドコモならそのままIIJmioのSIMカードを挿すだけで引き続き利用可能となっています。

これはIIJmioがau回線であるタイプA、ドコモ回線であるタイプDにそれぞれ対応しているからなんですね。

タイプ?何それ?という方は以下の記事にて説明していますので一度ご覧になってみてください。

【疑問を解消】格安SIMのタイプA、タイプDって何?違いは?

SoftBankを利用中の方は、SIMロック解除を行うことでIIJmioでも引き続き利用可能となっています。

SIMフリーのスマートフォンであれば、もちろんそのまま利用できます。

 

SIMロック解除って?

それぞれのキャリアで購入したスマホはSIMロックが施されています。たとえば、ドコモで契約したiPhoneはドコモのSIM、もしくはドコモに対応した格安SIMしか使えません。

要は自分の所以外の通信が使えないように鍵をかけているという事なんです。

SIMロック解除とは、キャリアで購入したスマホを他社で使うための手続きという訳です。

一見難しそうに見えますが、条件さえ満たしていればパソコンやスマホからでも手続き可能と、とても簡単に済ませる事が出来ます。

他社からの乗換え方法についてはそれぞれ別の記事にてまとめています。

■auからIIJmioへの乗換え

■ドコモからIIJmioへの乗換え

■SoftBankからIIJmioへの乗換え

 

IIJmio(みおふぉん)はスマホデビューする人にうってつけ?

IIJmioでは、SIMのみを契約することも可能ですが、IIJmioで販売しているスマートフォンとセットで契約することで、さらにお得になるプランが2種類用意されています。

それが、「コミコミセット」「エコプラン」となります。

どちらも新規契約時限定のプランとなっているため、スマホデビューする方はもちろん、乗換えを機に機種変更しようと考えている方も検討してみてはいかがでしょうか。

 

コミコミセットとは?

「スマホ」「ネット」「電話」全てコミコミで月額1,880円~の料金で利用できるプランとなります。

他社の全部込みのプランにありがちな、「期間を過ぎるとデータ容量が少なくなる」「結局普通のプランを使っていた方が安くなった」ということもなく、シンプルに機種代金を安く抑えて利用する事が出来ます。

コミコミセットの概要

スマートフォン

・月額1,880円~のかんたん入門モデル

・月額2,480円~の標準モデル

・月額2,980円~の高機能モデル

上記3つのモデルから好きなものを選択

ネット

・3GBのミニマムスタートプラン

翌月からプラン変更可能

電話

・3分かけ放題オプション

いつでも解約可能

コミコミセットにしたからといって、データプランが変更できなくなったり、オプションが解約できないといったことはありません。

毎月3GBのデータ容量が足りなければプラン変更ができますし、かけ放題のオプションが不要であればいつでも解約すれば良いのです。

各モデルの端末は随時更新されていますので、興味があればIIJmioの公式サイトを覗いて見ると良いでしょう。

 

エコプランとは?

月々の余ったデータ容量を月額料金の割引きに使うことができる、タイプAのSIM+端末セットの限定プランとなっています。

機種代金は別途かかりますのでご注意下さい。

エコプランの概要

エコプランミニマム

・3GBのデータ容量

・0.5GBごとに100円の割引き

・月額料金はみおふぉんで1,200円~1,600円

エコプランスタンダード

・7GBのデータ容量

・0.5GBごとに100円の割引き

・月額料金はみおふぉんで1,200円~2,400円

上限額はそれぞれ1,600円、2,400円なので、データ容量を使いすぎた月も高額請求されることはありません。

余ったデータ容量の繰り越しが出来るのも格安SIMの魅力ではありますが、毎月余るようであれば、割引きに充てる事を検討しても良いのではないでしょうか。

 

IIJmio(みおふぉん)のメリット

IIJmioでは、料金が安くなるのはもちろん、キャリアではなかった余ったデータ容量の繰り越しや、データ容量を使いきって低速通信になったとしてもある程度快適に使うことができる「バースト転送」といった機能が提供されています。

また、格安SIMを利用する際に気になる、「iPhoneが使えるの?」という疑問にも応えてくれており、最新のiPhone、iOSがIIJmioのSIMで使うことができるかの動作確認は迅速に行われています。

・スマホ代が大幅に安くなる!

・高速通信と低速通信の切替が可能で高速通信容量を節約できる!

・「バースト転送」で低速通信もそんなに気にならない!

・余った容量は次月に持ち越せる!

・新しいiPhone、iOSの動作確認が早く、安心して利用できる!

メリットについては、以下の記事で詳しく説明しています。

IIJmioのメリットは?4年使った私が評価します!

 

IIJmio(みおふぉん)のデメリット

正直、私の場合はauの各種サービスをそこまで使いこなせていなかったため、メールアドレスが変わった程度で特に不自由はしていません。

通信速度についても、計測を行っている方のデータを見ると確かにキャリアの方が速い結果が出ていますが、実際にau、IIJmioどちらのSIMを使っていても、遅い・LTEに繋がらないといったことはありましたので体感速度はそこまで大きく変わっていません。

・キャリアメールが使用できなくなる・・・

・ショップがないため、気軽に相談できない・・・

・各社の割引きサービスは受けられなくなる・・・

デメリットについては、以下の記事で詳しく説明しています。

IIJmioのデメリットは?4年使った私が評価します!

 

IIJmioへの乗換え方法は簡単3STEP

IIJmioへの乗換えは簡単で、今の電話番号をそのまま利用することができます。

SIMのみを契約することも、IIJmioで販売しているスマートフォンとSIMをセットで申し込むことも可能です。

IIJmioを申し込む流れ

 

 

 

乗換えまでの手順

1.キャリアの窓口でMNP予約番号を入手する

2.必要に応じてSIMロック解除の申込み

3.IIJmioの公式サイトでSIMを申込み

4.SIMが届いたら開通センターへ電話する

IIJmioへの申込み方法は以下の記事にまとめています。

格安SIMでオトクに!IIJmioへの乗り換え方法を一挙紹介!

 

申込み前に準備しておくもの

・クレジットカード

・メールアドレス

・本人確認用書類

メールアドレスはキャリアメール(@docomo.ne.jp、@i.softbank.jp、@ezweb.ne.jp)を除くものをご用意下さい。gmailやyahooメール等、無料で登録できるもので問題ありません。

また、キャリアメールは使えなくなるため、キャリアメールのアドレスを登録しているサービスがあれば、変更の手続きを忘れないようにご注意ください。

 

まとめ

IIJmioは音声通話機能付きで料金が1,600円から利用できる

今使っているスマホはそのまま利用できる場合がある

電話番号は同じ番号をIIJmioでも引き続き利用できる

キャリアメールは使えなくなるので注意が必要

IIJmioでこんなに安くなる!という話でしたが如何だったでしょうか?

今も高額な通信費を払っている方はぜひこの機会にIIJmioへの乗換えを検討してみましょう!

更新日:

携帯電話の契約時にトラブルに遭わないようにするには?

2018/10/10

携帯電話の契約でトラブルに遭わないためにできること

2018年10月9日、総務省が受け付けた電気通信サービスにおける苦情等の情報が公表されました(平成29年度分のデータ)。 電気通信サービスということで、光回線サービスや架空請求、迷惑メールといったもの ...

Essential製スマホについて調べてみた

2018/09/12

Androidの父?IIJmioで販売開始されるEssential製スマホについて調べてみた

2018年9月11日、IIJmioにて先日販売開始されたOPPOの「R15 Neo」に続き、Essential社のスマートフォンも提供開始となりました。 またまた全然聞かないメーカーが出てきましたね。 ...

OPPOって何?

2018/09/04

IIJmioで販売開始されるOPPO製スマホについて調べてみた

2018年8月31日より、IIJmioにて新たにOPPO製のAndroidスマートフォンが提供開始されることが決まりました。 ちなみに「OPPO」を初めて聞いた、という方もいるのではないでしょうか。 ...

Androidのホーム画面改造講座

2018/08/31

【Android】ホーム画面を思いっきりカスタマイズしてみた話

皆さんはホーム画面をカスタマイズしていますか? スマートフォンを買った時の状態のままでも使いにくいということはないとは思いますが、壁紙、ウィジェット、アプリアイコンの配置を工夫したりと、自分が使いやす ...

IIJmioのクーポンとは?

2018/08/29

【疑問を解消】IIJmio(みおふぉん)のクーポンって何?

本ページではIIJmio(みおふぉん)を使うにあたって知っておきたい「クーポン」について説明します。 IIJmioでのクーポンは、普段私たちがお店などで利用する割引クーポンとはまた違ったものになります ...

Top

Copyright© みおふぉん格安ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.