みおふぉん暦4年の私が格安SIM IIJmioの魅力を紹介します。 申込み・乗換え方法・メリット・デメリット・キャンペーンなどなど 気になる情報はメニューからチェック!

みおふぉん格安ライフ

Android IIJmio キャンペーン

徹底調査!IIJmioで安くなるASUSのZenFone 4 カスタマイズモデルとは?

更新日:

ASUS Zenfone4 カスタマイズモデル徹底調査

2018年2月より、IIJmioの公式サイトで購入できるASUS ZenFone4 カスタマイズモデルが安くなります。詳細を知りたい方は以下の記事にてご確認ください。

人気のSIMフリー端末が1万円値下げ!IIJmioの新着キャンペーンについて

今回はそのお求めやすくなったASUS ZenFone4 カスタマイズモデルについて、特長や使い勝手を調査しましたので皆さんにお伝えしたいと思います。

値下げされたから買ってみようかなーと思った方の参考になれば幸いです。

 

【最新のキャンペーン情報】

ASUS ZenFone4 カスタマイズモデルについて

ASUS ZenFone4 カスタマイズモデルは2017年11月22日にIIJmioにて発売されたAndroidスマートフォンです。

カラーはムーンライトホワイトミッドナイトブラックの2種類から選択できます。

冒頭の画像がそうですね。メタリック感のあるかっこいいデザインになっています。

ちなみに、ZenFoneの「Zen」は日本語の「禅」から取っており、心に平和をもたらす、無駄のない美しさという意味が込められているそうです。

シンプルで美しい外観だけでなく、ユーザーインターフェースにはストレスなく使いやすい「Zen UI」が搭載されているZenFoneは、iPhoneやGalaxyといったプレミアム感のあるスマートフォンに対抗して、「ワンランク上の贅沢」をコンセプトに作られています。

 

文章より動画で見たい!

ASUSのZenFone4の紹介動画となります。(5分48秒)

カスタマイズモデルの場合、性能面が少し異なりますが機能面はZenFone4と変わりません。

 

そもそもカスタマイズモデルとは?

ZenFone 4はプロセッサおよびメモリの性能が高く、PC級のパフォーマンスとも言われています。

メモリに関して言えば、私が使っているノートパソコンのメモリが4GBに対して、ZenFone 4は6GBとなっています。ま、負けた・・・。

ですが、性能が「PC級」であれば値段ももちろん「PC級」になります。ASUS ZenFone Shopで見てみると、2018年1月31日時点で端末価格は61,344円となっていました。(IIJmioの公式サイトでは56,800円で買えます)

「スマホなんだからそんなに性能高くなくてもいいんだけどなー」と思われた方もいるでしょう。

そこで発売されたのが、カスタマイズモデルとなります。機能面をそのままにプロセッサやメモリの性能を少し落とすことで低価格が実現しました!

カスタマイズモデルにより変わった点は以下の2つです。

プロセッサ:Snapdragon 660Snapdragon 630

メモリ:6GB4GB

プロセッサは同じ600番台を使用しています。どちらもこれまで800番台にしかなかったプレミアムな機能が付与された、価格は平均的で性能は普通なミドルレンジスマートフォンの性能や機能をこれまでにないレベルに引き上げる役割を担うと言われています。

メモリに関しては4GBあれば問題ないと思います。私が今使っているスマホもメモリが4GBなのですが、ゲームをしていても特に不自由に感じたことはありません。

メモリというと良くある誤解ではありますが、写真やアプリを保存する容量であるストレージは64GBあるので、ご安心ください。(microSDカードは最大2TBまで使用可能です)

 

サイズや重さについて

ZenFone 4 カスタマイズモデルのサイズや重さは以下の画像の通りです。

ZenFone4のサイズや重さ

これだけ見てもいまいちピンと来ないですね。

今私が持っているFREETELのRAIJINが似たようなサイズなので持ってみます。

出でよ!私の手!(笑)

手長と手幅のサイズ

手長(指先から手首のしわまで)と手幅はこんな感じです。

平均である手長183.4mmと手幅83.3mmに比べると、少し大きいですね。

RAIJINを持つとこのような感じになります。

RAIJINを持ったらこんな感じ

文字を入力するのは片手で出来るものの、画面上部は親指では届きません。

画面が大きいと動画やゲームも見やすくて良いですが、持ち辛いというデメリットもあります。

手が小さくても、両手で使えば問題はないですけどね。

 

ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデルの特長は?

次はZenFone 4の特長について説明します。

 

デュアルレンズカメラでプロのような写真が撮れる!

最近はカメラが2つ付いている、デュアルレンズカメラを搭載したスマートフォンがどんどん登場していますが、ZenFone 4にもデュアルレンズカメラが搭載されています。

一言にデュアルレンズカメラといっても、機種によりその機能は様々です。

ZenFone 4のデュアルレンズカメラにはどういった機能があるのか見ていきましょう。

 

カメラのスペック

アウトカメラ

・1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)

・800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

・LEDフラッシュ

インカメラ

・800万画素カメラ内蔵

メインカメラには、ソニーのフラッグシップイメージセンサーIMX362、F値1.8の大口径、セカンドカメラには、120°の広角レンズが搭載されています。

 

広角カメラに切り替えてよりワイドな風景を撮影できる

簡単に120°の広角カメラに切り替えることができ、通常の約2倍のワイドさで写真を撮ることが出来ます。

広角カメラを使用すると、遠近感が強調され、手前にあるものがより近くにあると感じ、奥にあるものはより遠くにあると感じます。風景を広く撮るために使用するのも良いですが、遠近感を強調した写真を撮る際にも使用できます。

遠近感を強調した写真

 

薄暗い場所でも明るく撮影できる

メインカメラには、F値1.8の大口径レンズ、1.4μmの画素ピッチを持つ1/2.55インチのSony IMX362イメージセンサーが搭載されており、一般的なスマホカメラの約5倍も光を取り込み、薄暗い場所や夜間でも、明るく鮮明に撮影ができるようになっています。

 

自撮りもSelfieMasterでキレイに撮れる

自撮り専用アプリ「SelfieMaster」が最初からZenFoen 4にインストールされており、お肌のキメやトーンなどを自由に設定できる「美人エフェクト」が簡単に使えるようになっています。

旅行先でも「インスタ映え」のする写真がスマホで簡単に撮れるのは嬉しいですね。

 

Zen UI4.0が搭載

ZenFone 4にはZen UI4.0が搭載されており、沢山撮った写真をグループ毎にまとめたり、顔認証により自動的に人物毎に表示させたりできるギャラリー機能」、ゲームのプレイ中にヒントを検索したり、メモリ解放機能でゲームの動作速度を改善したり、プレイ中の動画を配信することができる「Game Genie」、アプリを複製して1台の端末で2つのアカウントを別々に使用することができる「ツインアプリ」など、スマートフォンの使い勝手が向上する工夫が盛り込まれています。

Androidは自分で好きなようにカスタマイズできるのが利点ですが、初めてAndroidを使う方は何をして良いのかわからず、結局何もしない事も多いと思います。

最初から便利なUIが搭載されているのは嬉しいですね。

 

急速充電が可能!

15WタイプのUSB ACアダプターを使って、約36分で50%という急速充電が可能になります。夜寝る前にスマートフォンの充電を忘れた場合でも、朝起きてすぐに充電を開始すればなんとか仕事にも間に合いそうですね。

バッテリーは3,300mAhとなっており、iPhone Xのバッテリー容量(2,716mAh)よりも大容量となっていますので、100%充電できなかったとしても仕事中に電源が切れることはないのではないでしょうか。

 

液晶が割れにくい!

「ゴリラガラス」はご存知でしょうか?

ゴリラガラスは特殊ガラス材メーカーのCorningが開発した強化ガラスの名称で、0.5mm前後の薄さでプラスチックの数十倍の強度と言われています。

手触りが良いという長所もあるため、スマホやタブレットで多く採用されています。

ZneFone 4の液晶については強化ガラスの一種である、ゴリラガラス3が使用されています。

ゴリラガラス3の強度については以下の動画で実際に見てみるのが良いでしょう。

特にゴリラガラス3を使用したスマホで釘を打つシーンは必見です。凍ったバナナじゃないんだから。

 

口コミや評判は?

 


ZenFone 4 カスタマイズモデルを利用中の方の口コミを見る限り、概ね快適に使うことができているようです。一部ゲームの音割れがひどいという情報が気になるところですね。

その他には値下げが行われたら買い替えるという声もちらほら見かけました。

カスタマイズモデルはプロセッサやメモリなどがスペックダウンしているため、高性能で高価格なハイエンド志向な方にはおすすめ出来ませんが、2月から値下げが行われる事を考えると、コストパフォーマンスの面で見ればかなり優秀な機種ではないでしょうか。

 

まとめ

ZenFone4 カスタマイズモデルについてでしたがいかがだったでしょうか?

興味を持たれた方は、ぜひIIJmioの公式サイトで2月から行われる値引き&期間限定キャンペーンを活用してお得に購入してくださいね。

 

アドセンス


アドセンス


スポンサーリンク1

スマホ・SIM・通話無料全て込みのプランについて

スポンサーリンク2

iPhoneでもIIJmio(みおふぉん)は使える?

-Android, IIJmio, キャンペーン
-, , , ,

Top

Copyright© みおふぉん格安ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.