みおふぉん暦4年の私が格安SIM IIJmioの魅力を紹介します。 申込み・乗換え方法・メリット・デメリット・キャンペーンなどなど 気になる情報はメニューからチェック!

みおふぉん格安ライフ

IIJmio ニュース

新しく始まるIIJmio IoTサービス。そもそもIoTって何?

投稿日:

IIJmio IoTで何が出来るようになるのか?

2018年8月22日、株式会社インターネットイニシアティブより、IoT利用に最適なデータ通信サービス

「IIJmio IoTサービス」を、2018年8月30日より提供開始すると発表がありました。

本サービスは、企業だけでなく個人でも今後利用する人が増えるであろうIoTに対応した機器に対して、

IoT用途に最適なデータ通信サービスを個人向けに提供するもの、だそうです。

 

IoTという言葉はよく耳にするけど、実際にどういうもので

どういった製品があるのかは、なんとなーくでしかわからないですよね。

私もその内の1人です(笑)

そこで今回は8月30日から新しく始まる「IIJmio IoTサービス」について、

IoTってそもそも何?という所からまとめてみました。

 

【最新のキャンペーン情報】

IoTってそもそも何?

IoT(アイオーティー)とは、「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と呼ばれています。

あらゆるモノがインターネットを通じて通信することを意味しています。

IoTであらゆるモノと繋がる!

これまでも携帯電話やパソコンなど、インターネットにつながるモノはありましが、

IoTでは、これまでインターネットとはほとんど関係なかったモノ(家電、時計など)をインターネットにつなげることで、

スマートフォンから別のモノの状態(データ)を見たり、遠隔操作を行ったりと、

その場に居なくてもあらゆるモノを操作することが出来るようになります。

IoT製品との接続方法としては、パソコンと同じで有線・無線接続があり、

無線接続の場合はWi-Fi、BlueTooth、3G/LTEといったモバイル通信の3種類あります。

インターネットを経由して通信する、ということなので従来のパソコンやスマートフォンと同様にパスワードの設定といったセキュリティ面での対策はしっかりと行う必要があります。

実際にIoT機器をターゲットとしたウイルスによる被害も増えているようです。

 

IoT機器を活用することで生活が便利になる一方、対策をちゃんと行っておかないと

個人情報などが流出するといったリスクがある、という点は覚えておきましょう。

 

Wi-Fiを使って接続するタイプのIoT製品

主に自宅に設置するタイプのIoT製品はWi-Fi接続を行うモノが多いです。

屋外、または屋内からスマートフォンを使ってIoT製品を操作することが可能です。

自宅の回線にもよりますが、高速かつ、大容量のデータのやり取りを行うことが出来ます。

 

BlueToothを使って接続するタイプのIoT製品

自宅にWi-Fi環境はないけどIoT製品を使いたい・・。

そんな場合はBlueToothに対応したIoT製品をスマートフォン等と接続(ペアリング)することで操作することが可能になります。

製品同士を近距離で接続・通信するようなモノはこのタイプの接続方法が使われます。

Wi-Fi、BlueToothどちらにも対応している製品も存在します。

 

3G/LTEを使って接続するタイプのIoT製品

IoT製品に各キャリアのSIMカードを挿入して通信します。

電波が圏外にならないのであれば屋内、屋外どこに置いてもスマートフォン等との接続が可能です。

ほぼどこでもIoT製品を設置できる一方、挿入するSIMを新たに契約する必要があることや、データ通信量を考えてSIMのプランを選ぶ必要があります。

 

個人で使えるIoT製品ってどんなのがあるの?

リモコンやスピーカーなど、いわゆる「スマート〇〇」といったモノや、家の様子を外から確認できるネットワークカメラなどなど、様々な製品が販売されています。

家のモノはほとんどスマートフォン1つで操作できちゃいそうですね。

外出先でスマートフォンを紛失したらえらいことになりそうですが・・。

どのようなモノがあるのかについてはこちらを参照ください。(Amazonのページに飛びます)

 

IIJmio IoTサービスとは?

IoT製品向けに使えるSIMを販売するサービスとなります。

上記に記載した、「3G/LTEを使って接続するタイプのIoT製品」に使用するSIMですね。

NTTドコモの3G/LTE回線を利用するため、広いエリアで高速通信を行うことが可能です。

料金プランは以下の画像の通りで、データ通信量が低用量のIoT製品向けの「いちねんプラン」と、主に上り通信(画像、動画データ等の送信)を利用するIoT製品向けの「上り高速プラン」の2つがあります。

IIJmio IoTサービスのプラン内容について

 

まとめ

IoTについての記事でしたがいかがだったでしょうか?

私自身、まだIoT製品は購入したことはありませんが今回IoTについて調べてみて、ちょっと欲しくなったモノもありました(笑)

IoT市場は今後ますます発展していくものと予想されています。

今は欲しいモノがなかったとしても、今後魅力的な製品が出たときに「IoTってなんだっけ?」とならないよう基礎的な知識はしっかりおさえておきましょう!

アドセンス


アドセンス


スポンサーリンク1

IIJmioでもiPhoneが買えるように!

スポンサーリンク2

iPhoneでもIIJmio(みおふぉん)は使える?

-IIJmio, ニュース
-,

Top

Copyright© みおふぉん格安ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.