みおふぉん暦4年の私が格安SIM IIJmioの魅力を紹介します。 申込み・乗換え方法・メリット・デメリット・キャンペーンなどなど 気になる情報はメニューからチェック!

みおふぉん格安ライフ

IIJmio プラン 比較

CMで良く見るmineoとは?IIJmioと比較してみました

更新日:

mineoをIIJmioと比較してみた

葵わかなさんが「mineo」ごり押しで将棋盤やケーキをひっくり返すというCM、一度は見たことあるんじゃないでしょうか。

au、ドコモ、SoftBankといった大手キャリア以外でも、格安SIMのCMはテレビを見ていると頻繁に見かけるようになりましたね。

今回は、mineoの特徴や料金プランを調べるとともに、同じ格安SIMであるIIJmioとの比較を行ってみました。

その結果としては、「皆で楽しく共有したい」タイプの方はmineo、「1匹狼」タイプの方はIIJmioを使うのがいいのかなと感じました。

それでは、一体どういう事なのかお伝えしたいと思います。

 

【最新のキャンペーン情報】

mineoって何?どういうサービス?

まずはmineoを知らない方のために、基本的な情報から見ていきましょう。

mineo(マイネオ)はケイ・オプティコムが提供する、いわゆる格安SIMと呼ばれる携帯電話サービスです。本サービスは2014年6月に開始されました。

回線の種類は、ドコモ回線を利用したタイプD、au回線を利用したタイプAと、2種類のSIMカードを販売しています。

 

ケイ・オプティコムについて

ケイ・オプティコムは関西一円に広がる光ファイバー網を活用した個人向けの通信サービスを中心に事業を展開している企業です。

光回線のeo光といえば、分かる方も多いのではないでしょうか。

IIJと同様、インターネット接続サービスを主に行っているみたいですね。

eo光は関西圏でしか利用することが出来ませんが、mineoは全国で利用可能なのでご安心下さい。

 

mineoの料金プラン

以下の画像はmineoの料金プランとなります。

mineoの料金プラン

データ容量は500MB~30GBと、幅広く選択できるようです。

音声通話機能付きであるデュアルタイプの場合はAプランを選択すると、どのプランでもDプランよりも月々90円安く使うことが出来ます。

 

音声通話料金は?

普通に電話を行う場合は20円/30秒となっています。

専用アプリである「mineoでんわ」を利用することで10円/30秒となるほか、月額850円で1回の電話につき10分まで無料になるかけ放題や、30分間または60分間の通話時間が月々定額で利用することが出来る通話定額サービスというものがあります。

通話定額のイメージは以下の通りです。

mineoの通話定額サービス

毎月30分、60分以上電話される方はお得に使えますよ、というサービスですね。

 

mineoで販売している端末は?

主にAndroidのスマートフォンとなります。

iPhoneも販売していたようなのですが、現在(2018年2月26日時点)は「ご好評につき完売しました」となっており、購入は不可能な状態となっています。

 

mineoの特徴は?

基本的な情報を見たところで、次はmineo(マイネオ)の特徴について見ていきましょう。

 

フリータンクで毎月1GB分無料で補充できる

mineoのフリータンクについて

「フリータンク」は、データ容量を全国のmineoユーザーで共有することが出来る機能となります。

毎月21日〜末前日の期間、合計1,000MBまでのデータ容量を、このフリータンクから引き出す事が可能になっています。

動画やゲームのしすぎでデータ容量が残り少ない時に活用すると良いでしょう。

こういった機能は、皆が引き出して容量すぐ無くなるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、今のフリータンクの容量は75TB程あります。

これは75000人のmineoユーザーが一斉に1GB引き出したとしても空にならないということです。それくらい、フリータンクに余ったデータ容量を寄付する方も多いということですね。

ただし、毎月1GB無料で使える点は確かに良いですが、全国のmineoユーザーで助け合うことで成り立っている機能ですので、データ容量が余った月はフリータンクに寄付するようにしたい所です。

 

友達や家族ともデータ容量を共有できる

フリータンクで全国のmineoユーザーとデータ容量を共有するのも良いですが、友達や家族といった、目に見える範囲のmineoユーザーともデータ容量を共有することが出来ます。

「パケットギフト」で余ったデータ容量をプレゼントしたり、逆にデータ容量が足りない時は誰かから貰うことができ、「パケットシェア」で友達・恋人・家族をシェアグループに登録しておけば、翌月に繰り越したデータ容量を皆で分け合うことができます。

 

コミュニティサイト「マイネ王」で疑問を解決

mineoには、「マイネ王」というmineoユーザーが集まるコミュニティサイトがあり、公式サイトでは解決できなかった疑問や悩みをベテランのmineoユーザーに相談することが出来ます。

同じユーザー目線で回答を貰えるので、格安SIM初心者の方でも安心して利用することができますね。

その他にも、定期的にオフ会やパーティが開催されている等、mineo公式主導で、マイネ王でのリアル出会いの場も用意されているようです。


mineoの公式サイトはこちら

 

mineoとIIJmioを比較してみた

mineoについての情報を一通り見たところで、次はmineoとIIJmioを色々な面からそれぞれ比較してみました。

 

人気なのはどっち?

2017年9月時点の契約者数から見ると、mineoが75万回線ほどIIJmioが200万回線超えと、IIJmioの方が利用者が多い状態になっています。

IIJmioの方がサービスの開始が2年ほど早かったこともありますが、倍以上利用者に差があるようです。

 

プランの料金はほとんど変わらない?

以下の表は音声通話機能付きSIMの、データ容量毎のプラン料金の比較です。

mineo IIJmio
容量 タイプA タイプD タイプA タイプD
500MB 1,310円 1,400円 - -
1GB 1,410円 1,500円 - -
3GB 1,510円 1,600円 1,600円 1,600円
6GB 2,190円 2,280円 2,220円 2,220円
10GB 3,130円 3,220円 - -
12GB - - 3,260円 3,260円
20GB 4,590円 4,680円 - -
23GB - - 4,700円 4,700円
30GB 6,510円 6,600円 - -
33GB - - 6,600円 6,600円

IIJmioの23GB、33GBについては、3GBのプランに大容量オプション(20GB、30GB)をそれぞれ追加した場合の料金を記載しています。

ほとんどプランの料金は変わらないですね。

20GB以上の大容量を格安SIMで使いたい場合は、それぞれ3GBずつ容量が増えるIIJmioの方がお得といった所でしょうか。

mineoの500MB、1GBのプランは3GBに比べてもそこまで安くならないため、あまりおすすめではないように思います。

 

通話料金の違いは?

通話料金はどちらもほぼ変わりません。

専用アプリを使えば10円/30秒、使わないなら20円/30秒ですね。

IIJmioはファミリーシェアプランなど、1つのプランで複数のSIMを利用している場合、シェアしているグループ(同一mioID間)の通話料金は、専用アプリ使用で8円/30秒、使わないなら16円/秒となります。

それでは、かけ放題のプラン内容にも注目してみましょう。

以下はmineoとIIJmioの通話プランの比較です。

mineo IIJmio
通話定額プラン 30分/840円 なし
60分/1,680円
かけ放題プラン 1回あたり10分/850円 1回あたり3分(10分)/600円
1回あたり10分(30分)/830円

IIJmioのかけ放題の()内は同一mioID間で通話した場合の無料時間となります。

料金はさほど変わりませんが、痒い所に手が届くのはIIJmioなのかなと感じます。

(総務省調べより、日本の平均通話時間は2分25秒と調査結果が出ているそうです)

 

通信速度に違いはある?

通信速度はどちらも大きく変わるということはないようです。

高速通信の場合、空いてる時間は10~30Mbps、混雑している時間は1~2Mbps程と、「こっちの方が断然速い!」ということはありません。

なお、低速通信に関してはmineoとIIJmioどちらにも高速通信を簡単にON/OFF出来る専用アプリがありますが、高速通信をOFFにした際の低速通信の通信速度はどちらも200Kbpsとなっています。(高速通信のデータ容量を使いきった場合も同様)

また、mineo、IIJmio共に「バースト転送」という、通信し始めの一定量に高速通信※が使われる機能がありますので、バースト転送に対応していない格安SIMと比べるとWebサイト等の読み込み時間は早くなります。

※高速通信のデータ容量を使いきってもバースト転送は行われます。

IIJmioの低速通信の使い勝手についての記事は別途記載していますので気になった方はご覧ください。

 

キャンペーンが充実しているのはどっち?

2018年2月26日時点で、mineoとIIJmioが実施しているキャンペーンを比較してみました。

mineo IIJmio
プラン料金割引 900円/6ヶ月 300円/12ヶ月
600円/6ヶ月(BIC SIM)
データ容量増加 なし 1GB/12ヶ月
端末料金割引き なし 最大40%OFF
光回線とSIMセット割引 なし 600円/ずっと
友達紹介(紹介者特典) Amazonギフト券2000円分/1人 月額料金500円割引/1人※
友達紹介(加入者特典) Amazonギフト券2000円分 データ容量10%増量/2ヶ月

※5人以上でIIJmio認定バッチ、10人以上でIIJmioロゴ入りモバイルバッテリー付き

ざっとまとめると上記の通りです。というより、mineoのキャンペーンが現状2つしかありませんでした。

プラン料金割引きや、友達紹介の特典はmineoの方がお得なようです。データ容量増加もフリータンクを利用できることを考えるとあまり気にならないかと思います。

公式サイトで販売している端末料金の割引きはmineoでは一切行われていませんでした。値下げ対象以外のものを比べても、IIJmioの方が少し安く買えるようです。

その他、光回線とSIMをセットで利用すると割引きがあるかどうかについては、mineo+eo光は割引きなし、IIJmio+IIJmioひかりは600円/月の割引きという結果になりました。

 

月々の余ったデータ容量の使い道に違いは?

mineo、IIJmio共に毎月余ったデータ容量は繰り越しが可能です。

その他の使い道としては、mineoの場合はパケットギフトで友達にプレゼントしたり、フリータンクに寄付したりすることが出来ます。

一方、IIJmioの場合は余ったデータ容量を繰り越す代わりに、料金の割引きに充てることが出来ます。端末+SIMセットの契約により選べる「エコプラン」ですね。

エコプランはデータ容量が3GB、7GBの2つから選ぶ事が出来ますが、どちらも余ったデータ量500MBあたり100円の割引きが行われます。

月のデータ利用量が1GB未満の場合であれば、どちらのプランも音声通話機能付きSIMで1,200円になります。

 

コミュニティはどちらが充実してる?

いうまでもなく、マイネ王があるmineoでしょう。

その他にも、店舗数は少ないですが各地にmineoショップが存在しています。

各地にあるmineoショップ

IIJmioの場合は専用のショップはなく、ビックカメラやヨドバシカメラといった大型の家電量販店に存在する格安SIMカウンターで手続きを行うことになります。

近くにお店がない!という方でも、mineo、IIJmioどちらも公式サイトで手続きを行うことも可能ですのでご安心ください。

 

まとめ

mineoとIIJmioの比較でしたがいかがだったでしょうか?

「皆で楽しく共有したい」タイプの方はmineo、「1匹狼」タイプの方はIIJmioといった理由がなんとなく分かったかと思います。

料金や通信速度といった使い勝手はほとんど変わることはありませんので、ぶっちゃけた話、好みで選んで良いのではないでしょうか。


mineoの公式サイトはこちら

アドセンス


アドセンス


スポンサーリンク1

スマホ・SIM・通話無料全て込みのプランについて

スポンサーリンク2

iPhoneでもIIJmio(みおふぉん)は使える?

-IIJmio, プラン, 比較
-, , ,

Top

Copyright© みおふぉん格安ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.