みおふぉん暦4年の私が格安SIM IIJmioの魅力を紹介します。 申込み・乗換え方法・メリット・デメリット・キャンペーンなどなど 気になる情報はメニューからチェック!

みおふぉん格安ライフ

Android IIJmio ニュース

IIJmioで販売開始されるOPPO製スマホについて調べてみた

投稿日:

OPPOって何?

2018年8月31日より、IIJmioにて新たにOPPO製のAndroidスマートフォンが提供開始されることが決まりました。

ちなみに「OPPO」を初めて聞いた、という方もいるのではないでしょうか。

私もIIJmioでOPPO製スマホが提供開始されることを知るまでは、聞いたことも見たこともありませんでした。

本日はそんなOPPOについての情報と、IIJmioで提供されるOPPO製スマホについてまとめてみました。

 

【最新のキャンペーン情報】

OPPOってどんな企業?

OPPOは2003年に中国で設立された電気機器メーカーです。

ガラケー時代はあまりヒットする商品を出せなかったようですが、スマートフォン市場に参入後は続々とヒット商品が出ているようです。

2017年時点では、OPPOはスマートフォン市場で中国1位、世界4位のシェアを持っています。

そんなOPPOが日本市場にも参入ということで、OPPO Japanとして2017年に設立されました。

2018年2月9日には第一弾の製品となる「R11s」が発売され、現在も新製品が開発・販売されています。

 

IIJmioで提供開始されるOPPOスマホについて

今回販売されるようになるスマートフォンは「R15 Pro」「R15 Neo」の2機種となるようです。

R15 NeoについてはRAMが3GB・4GBの2モデル発売されるようです。

発売日や料金は以下の画像を参照ください。

IIJmioで販売されるOPPOスマートフォン情報

R15 NeoとR15 Proのスペック

R15 Neoは低価格の割にスペックは比較的高く、

R15 Proは値段に見合った機能を有しているようです。

私としてはR15 Neoが気になるところですが、指紋認証がないのはちょっと・・という感じです。

R15 Neo R15 Pro
サイズ 約75.6(W)x156.2(H)x8.2(D) (mm) 約75.2(W)x156.5(H)x8(D) (mm)
重さ 約168g 約180g
カラー ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク パープル、レッド
対応OS ColorOS 5.1 ColorOS 5.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450 オクタコアCPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 クアッドコアCPU
メモリ RAM:3GBまたは4GB

ROM:64GB microSD 最大256GB(別売)

RAM:6GB

ROM:128GB microSD 最大256GB(別売)

バッテリー 4230mAh 3430mAh
急速充電対応 VOOC フラッシュチャージ
ディスプレイ 約6.2インチ HD+ 1520 x 720 約6.28インチ フルHD+ 2280 x 1080(有機EL)
カメラ アウトカメラ:1300万画素
(アウトカメラ:1300万画素+200万画素)
インカメラ:800万画素
(インカメラ:800万画素)
アウトカメラ:1600万画素
(アウトカメラ:1600万画素+2000万画素)
インカメラ:2000万画素
(インカメラ:2000万画素)
連続待受時間 約365時間 LTE:約328時間
連続通話時間 - VoLTE:約1355分 / 3G:約1180分
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n (周波数帯域:2.4GHz) IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4 & 5 GHz)
Bluetooth Bluetooth® 4.2 Bluetooth® 5
テザリング機能 対応
通信方式 LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/39/40/41
3G:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz
SIMサイズ nanoSIM / nanoSIM
その他 顔認証 / 磁気センサー / 光センサー
/ 近接センサー / 重力センサー / ジャイロセンサー
防水機能(IPX7) / NFC / FeliCa(おサイフケータイ® 対応)
/ 顔認証 / 指紋認証 / 磁気センサー / 光センサー
/ 近接センサー / 重力センサー / ジャイロセンサー
付属品 マイクロUSBケーブル、充電器、
SIMカードツール、スマホケース
イヤフォン、マイクロUSBケーブル、
VOOC フラッシュ充電mini、SIMカードツール、
スマホケース

 

OPPOスマホの特徴!AndroidのようでAndroidではない?

OPPO製のスマートフォンの大きな特徴として、Android OSをベースにしたColors OSが搭載されています。

今回IIJmioにて販売されるスマートフォンは、Android 8.1をベースにしたColorsOS 5.1が搭載されています。

OPPO製スマホのOSはAndroid OSをベースにしたColorsOSが搭載されている

設定を色々変更することで、iPhoneに似た操作性に近づけることも可能なようです。

機能としては、2つのアプリを同時操作できるマルチタスクや、片手操作で楽々5つの好きな機能を呼び出すことが出来るAssistiveボール、撮った写真を人・場所・食べ物などのカテゴリーに自動で振り分けてくれるライブラリなど、AndroidとiOSの良いところを集めたような印象を受けました。

また、iPhone、Androidどちらを使っていてもOPPO製スマホに簡単にデータ移行できる仕組みも搭載されており、スムーズに機種変更できるようになっているようです。

 

期間限定のキャンペーン実施中!

OPPO製スマートフォンの販売にあたって、IIJmioでは「OPPO発売記念キャンペーン」を実施しています。

期間は2018 年 8月 31日(金)10:00~10月3日(水)23:59となっていますので、気になった方はIIJmioの公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

「OPPO」についてのお話でしたがいかがだったでしょうか?

どんどん増える中華スマホ、国産スマホも負けずに頑張っていただきたいところです。

アドセンス


アドセンス


スポンサーリンク1

IIJmioでもiPhoneが買えるように!

スポンサーリンク2

iPhoneでもIIJmio(みおふぉん)は使える?

-Android, IIJmio, ニュース
-, , ,

Top

Copyright© みおふぉん格安ライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.